top

電気窯

電気工事について

電気工事の方法

電気工事の方法

電気窯を設置する場合、窯の電気容量(電源・消費電力)を指示し、必ず電気工事店か電力会社にご相談下さい。

電気工事・配線工事費は別途必要になります。

電気窯にはコード・コンセントはついておりません。電気工事店へ配線工事を依頼して下さい。
その際、窯との配線は直結工事にして下さい。安全上接続にはコンセントを使用しないで下さい。

使用時、電流値が変動することがあります。ブレーカー等の器具・配線関係は窯本体の電気容量より20~30%程度大きいものをご使用下さい。(下記、電力表を参照。)

漏電ブレーカーを使用する場合、定格感度電流値100mA以上のものをご使用下さい。

200Vの電源を使用する場合は、第3種アースの取り付けが義務づけられております。電気工務店に依頼して下さい。
※電気工事・結線工事は、下記電力表を参考に電気工事店へお申し込み下さい。

電力表

消費電力(kw)

単相200V

三相200V

該当機種

ブレーカー容量(A)

線径(sq)

ブレーカー容量(A)

線径(sq)

3.8

30

5.5

 

 

やき丸3型

 

 

 

 

 

6.3

40

8

30

5.5

やき丸6型

 

 

 

 

 

8.4

50

14

30

5.5

やき丸8型

 

 

 

 

 

10.5

60

14

40

8

やき丸10型

SR-10FE

HR-10FE

MR-10FE

MR-10KD

MKF-10型

12

75

22

50

8

 

SR-12FE

HR-12FE

MR-12FE

 

 

15

100

22

60

14

 

SR-15FE

HR-15FE

MR-15FE

MR-15KD

 

17

100

22

75

14

 

SR-17FE

HR-17FE

MR-17FE

 

 

20

125

38

75

22

 

SR-20FE

HR-20FE

MR-20FE

MR-20KD

MR-20FESZ

25

150

38

100

38

 

SR-25FE

 

MR-25FE

MR-25KD

MR-25FESZ

30

 

 

125

38

 

SR-30FE

 

MR-30FE

 

MR-30FESZ

40

 

 

150

60

 

SR-40FE

 

 

 

MR-40FESZ

電気料金表(参考)

使用料金は、作品の量や季節などの条件によって変わります。
本焼1回の電気料金はマイコン全自動制御装置にて最高温度1,230℃で12時間焼成した場合です。
下記の料金表は、平成20年3月現在の東京電力の料金より算出いたしました。
料金表はあくまでも目安ですので、多少現在と違う場合がございます。ご了承下さい。

単相200V

消費電力(kw)

基本料金(1ヶ月)円

本焼1回の電気料金(円)

3.8

1,092

622~766

6.3

1,911

1,031~1,270

8.4

2,457

1,375~1,693

10.5

3,003

1,719~2,116

12

3,276

1,965~2,419

15

4,095

2,457~3,024

17

4,641

2,784~3,427

20

5,460

3,276~4,032

単相200Vの基本料金はご家庭使用分を含めて契約容量(基本料金)が決まるため、詳しくは電気工務店・電力会社へお問い合わせ下さい。表示の基本料金は電気窯単独の場合の料金になります。

三相200V

消費電力(kw)

基本料金(1ヶ月)円

本焼1回の電気料金(円)

6.3

7,497

540~665

8.4

9,639

720~887

10.5

11,781

900~1,108

12

12,852

1,029~1,267

15

16,065

1,287~1,584

17

18,207

1,458~1,795

20

21,420

1,716~1,112

25

26,775

2,145~2,640

30

32,130

2,574~3,168

40

42,840

3,432~4,224

main-背景 END